飲む日焼け止め

飲む日焼け止めを飲み始めるタイミングは?

飲む日焼け止め

 

飲む日焼け止めは、体の中から日焼けを予防します。

 

では、どのタイミングで飲んだらいいのか、どのくらいの期間飲むことがいいのでしょうか?

 

飲む日焼け止めは毎日飲む事で効果がでてきます。

 

飲み始めてからすぐに強い効果が現れるわけではありません。

 

2〜3ヶ月後が一番効果を発揮します。

 

なので、紫外線が気になりだしたなと思った時ではなく、事前に春先頃から服用を始めるのもいいでしょう。

 

その頃から服用することによって、もっとも紫外線が強い夏の時期に一番効果が出てきます。

 

では一日の中でどの時間に飲むのが一番効果的なのでしょうか?

 

飲む日焼け止めは服用してから30分〜1時間ほどで効果がでてきます。

 

外に出かける前、朝が一番効果的でしょう。

 

逆に夜に飲むのはあまり効果はなく、日中外出する時間帯を目安に服用する事をおすすめします。

 

しかし、飲む日焼け止めだけで必ず効果がでてくるわけではないので今までと同様、塗る日焼け止めも併用して使うようにしましょう。

 

日焼けは、夏だけとは限りません。

 

冬場のスキー場など紫外線が気になる時期は1年中あります。

 

1年を通して服用する事で効果が持続し、日焼けを防ぐ事ができるのです。

 

以上の事から、おすすめは1年中服用する事、1日の服用のタイミングは朝、効果を持続させるには毎日欠かさず飲むことが大切なのです。

 

今は大丈夫でも、これからの自分のお肌の事を考え今から予防して、綺麗なお肌を保っていきましょう。